文字サイズ大文字サイズ大 文字サイズ通常(中)文字サイズ通常(中) 文字サイズ小文字サイズ小

新着情報とお知らせ

地域の支え合い講座 第3弾 ~担い手養成編~を開催

令和2年9月4日午後1時30分からアグピアホールで、地域の支え合い講座~担い手養成編~を開催しました。(参加者33名)今回の講座は、令和2年10月よりシルバー人材センターが町から受託して実施する総合事業訪問型サービスB“エプロンサービス”(利用者宅へ訪問し、簡単な生活支援(掃除、ごみ出し、洗濯、話し相手など)を行うサービス)の担い手を養成する目的で実施されました。始めに健康介護課職員からエプロンサービスの制度、シルバー人材センター職員からシルバー人材センターの組織に関する説明を行い、その後、社協のホームヘルパーから「利用者宅を訪問する心構え」と題して、訪問時の留意点について体験談を交えながら講話がありました。皆さん真剣にメモを取りながら聴かれていました。[令和2年9月7日 横江]

阿久比のお宝紹介パート20 地区と福祉施設の顔が見える関係作り~植自主防災会防災訓練~

令和2年8月26日午後7時から植公民館で、8月30日に実施する植自主防災会防災訓練の打合せ会が、正副区長、植自主防災会委員長、植区評議員及び地区の福祉施設代表らが出席して行われました。まず自己紹介をした後、福祉施設の「ほたる阿久比様」と「NPO法人みんなの家ほっと様」から施設の内容や防災に対する取組などの説明を受けました。その後、お互いに情報交換などを行い、両施設とも今回の防災訓練に参加することとなりました。このような地区の防災訓練に福祉施設が参加することは初めてで、今回の防災訓練を通して地区と福祉施設のお互いが顔の見える関係になる機会になればと話し合われました。最後に区長より「今後は、植地区の行事にも施設の方々に参加していただき、普段から地区と施設の方々の顔が見える関係を作っていければ、いざと言うときにお互いが助け合える。」とおっしゃってみえました。社協も今回の打合せ会に参加させていただき、このような地区と福祉施設の顔が見える関係作りが、町内の他の地区にも広がればと強く感じました。[令和2年8月27日 横江]

地域の支え合い講座 第2弾 を開催しました。

令和2年8月7日に阿久比町勤労福祉センターで、午後1時30分から午後3時50分まで「地域の支え合い講座」第2弾が開催されました。当日は、68名と大変たくさんのご参加をいただきました。始めに「相手に寄り添う傾聴とは」と題して傾聴インストラクターの榊原芳子先生に講話をしていただきました。続いて阿久比町の取組を健康介護課職員と生活支援コーディネーターからご説明し、最後に隣町の取組と題して「ひがしうらおすそわけ隊」のことを東浦町社会福祉協議会のCSWからご説明していただき、その後、隊員お二人から活動されているご感想を話していただきました。質問もたくさんいただき、とても活発で実り多い講座となりました。次回は、令和2年9月4日に第3弾の講座を開催予定しています。[令和2年8月12日掲載 横江]

阿久比のお宝紹介パート19~高根台友愛委員会刃物砥ぎ~

今回のお宝紹介は、令和2年8月1日10:00~ 高根台中央公園で開催された「高根台友愛委員会刃物砥ぎ」です。コロナウイルス感染予防のため、令和2年1月以来の開催です。いつもは、高根台サロンと同時開催をしていますが、今回はソーシャルディスタンスを図るため、刃物砥ぎのみ屋外で開催されました。半年ぶりの開催でしたので通常の倍くらい包丁が集まりましたが、担い手の皆さんは仲間とおしゃべりしながら、一生懸命丁寧に刃物砥ぎに汗を流されていました。皆さんのとても楽しそうな笑顔が、印象的でした。[令和2年8月1日掲載 横江]

阿久比のお宝紹介パート18~植地区で健康体操講座開催~

今回のお宝紹介は、7月22日に9:30~1時間、植地区内にあるほたる阿久比様で開催された「健康体操講座」です。メニューは、健康体操、健康測定、フラトレ、福祉用具・健康グッズ相談会などが行われました。健康体操では、肩こり予防の体操、健康測定では、握力や足の筋力などの測定をしました。記録表に測定結果を記録し、次回も計測して健康維持の参考にできるよう工夫されていました。コロナウイルスの感染拡大予防を図りながらの開催でしたが、参加者は楽しく健康について学ばれていました。地域の方々が、気軽に参加できる場としてこれからも開催されますので、是非、お近くにお住いの方はご参加ください。次回9月23日(水)9:30~の予定[令和2年7月22日掲載 横江]

阿久比のお宝紹介パート17~白沢台サロン~

今回のお宝紹介は、7月21日に再開しました「白沢台サロン」です。コロナウイルスの感染拡大予防のため、しばらくお休みしていましたが、本日9:30~1時間と時間を短縮し行われました。会場を教室形式に変え、受付で消毒と検温、お茶はペットボトルで提供するなどソーシャルディスタンスを守りながら開催され、15名の参加者がありました。町の保健師さんから新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」についての講話とPTさんによる「ゆっくりと座ったまま行えるストレッチ体操」が行われ、参加した皆さんは、久しぶりの再会を喜ばれていました。[令和2年7月21日 横江]

あいち知多農業協同組合様より知多米をいただきました。

令和2年7月9日にあいち知多農業協同組合様より地域の福祉に役立ててと知多米(あいちのかおり)のお米券100㎏分をいただきました。いただいたお米券は、当会から町内で活動している宅老所等へ配布し、参加される高齢者のお昼ご飯として活用していただきます。[令和2年7月10日 横江]

ご寄付いただいたマスクを届けました。

令和2年7月10日、手作りの布マスクをたくさんご寄付いただきました。カラフルでサイズも大・小様々あり、とてもかわいらしいマスクでした。早速、特別養護老人ホーム阿久比一期一会荘様にお届けさせていただきました。職員の方は、「大切に使わせていただきます。助かります。」とおっしゃっていました。今後もご寄付いただいたマスクは、町内の福祉施設へお届けさせていただきます。[令和2年7月10日 横江]

皆様よりご寄付いただいたマスクを届けました。

令和2年6月22日より皆様よりご寄付いただいていましたマスク約60枚を令和2年7月7日に老人保健施設メディコ阿久比様へ伺い、ご利用者の代表へ直接、手渡しさせていただきました。ご利用者から「マスクをいただけてとても助かります。利用者や職員が使います。」「これからは、暑い季節になるので、布マスクが涼しくて助かります。」ご寄付のあったカラフルな布マスクを手に取り、ご感想をおっしゃっていました。[令和2年7月7日 横江]

阿久比のお宝紹介パート16~宮津ふれあいサロン~

今回のお宝紹介は、7月4日に再開しました「宮津ふれあいサロン」です。コロナウイルス感染拡大予防のため、町内のサロンは3月からお休みとなっていましたが、本日開催時間を短くして再開しました。手の消毒や体温測定、体調の確認、会場のレイアウトも教室形式に変更するなどソーシャルディスタンスに注意しながら行われました。参加者は、再開してもらえてうれしい!みんなの顔が見えてよかった!と久しぶりのサロンを楽しまれていました。[令和2年7月4日 横江]

Next »