文字サイズ大文字サイズ大 文字サイズ通常(中)文字サイズ通常(中) 文字サイズ小文字サイズ小

新着情報とお知らせ

阿久比のお宝紹介パート29 管理栄養士による講話「高齢者の献立表」

今回のお宝紹介は、令和3年4月21日9時30分から白沢台集会所で開催しました第126回「白沢台サロン」で講話された町職員の管理栄養士さんです。「高齢者の献立表」と題して30分程度参加者25名にフレイル予防の1つ、オーラルフレイルや普段の食事では少しでも“多くの種類の食品を摂ろう”と分かりやすくお話がありました。参加者からは、「クイズを交えながら、楽しく勉強することができました。早速試してみます。」と感想がありました。[令和3年4月21日掲載 横江]

阿久比のお宝紹介パート28 福住園高台友愛クラブ刃物研ぎ

今回のお宝紹介は、令和3年4月10日(土)10:00~11:00、福住園高台集会所で高台友愛クラブが主催する“刃物研ぎ”が開催されました。この刃物研ぎは、毎月第2土曜日に開催され、20~30本の刃物を研いでいて、地域の方々からは、人気の活動です。この日は、小春日和の暖かい日差しの中、ボランティアの方々が、30本近くの刃物を研いでいました。[令和3年4月12日掲載 横江]

“地域いきいき福祉活動説明会”を開催しました

令和3年3月11日に阿久比町オアシスセンター3階集会室で、地域で小地域福祉活動や友愛活動を実施している団体の代表者が集まり、みだしの説明会を開催しました。始めに健康介護課介護保険係より、地域包括ケアシステムや阿久比町の生活支援体制整備事業の取組を説明しました。その後、生活支援コーディネーターから、今までの小地域福祉活動・友愛活動の事業名が、令和3年4月より“地域いきいき福祉活動”の名称に統一になることと等の説明をしました。今後も社協は、コロナ禍で人とのつながりが薄くなっていますが、地域のサロンや訪問活動が再開できるよう支援していきます。[令和3年3月12日 横江]

令和2年度阿久比町社会福祉大会を開催しました。

令和2年度阿久比町社会福祉大会が、令和2年12月12日(土)午後1時30分から阿久比町アグピアホールで、社会福祉協議会役員・評議員等50名の参加で開催されました。式典では、町社会福祉協議会会長感謝に続いて、県社会福祉協議会会長感謝と令和2年度ボランティア活動功労者の伝達表彰が行われました。その後、星城大学リハビリテーション学部理学療法学専攻講師の林 尊弘先生より「社会参加とフレイル予防」と題して、ご講演をいただきました。林先生は、「役割を持った社会参加は、よりフレイル予防につながる。」など、地域住民の社会参加による地域づくりが、地域全体の介護予防につながることをご講演いただきました。[令和2年12月14日 横江]

いきいきクラブ連合会ゲートボール大会を開催

令和2年11月22日(日)9時から草木グリーングランドで、秋季ゲートボール大会が開催されました。新型コロナウイルス感染拡大予防のため、春季大会が中止となり、1年ぶりの大会となりました。感染症対策として、マスクの着用、手指の消毒、検温などをしっかり行い、大会時間も短くしての開催でしたが、久しぶりの試合を皆さんとても楽しまれていました。開会式では、90歳と80歳の競技者に表彰も行いました。【大会結果】優勝:横松チーム 準優勝:東福会チーム 第3位:阿久比チーム 団地達者会チーム [令和2年11月23日掲載 横江]

阿久比のお宝紹介パート27 宮津団地モーニングサロン

今回のお宝紹介は、令和2年11月16日に宮津団地老人憩の家で再開しました宮津団地モーニングサロンです。コロナウイルス感染拡大予防として、会場内を教室形式に変更し、窓を開け換気、受付では検温と手指の消毒をするなどの対策を取り、1時間ずつ入れ替えの2部制で行われました。写真は、皆さんが楽しみにしている恒例のビンゴゲーム大会です。ビンゴゲーム中は、全員マスクをかけ、当たっても大きな声を出さず、静かにうれしさを表現していました。久しぶりのビンゴゲームをとても楽しまれていました。[令和2年11月18日 横江]

阿久比のお宝紹介パート26 寿会“ワナゲ” (メイツ巽ヶ丘)

今回のお宝紹介は、寿会の“ワナゲ”です。寿会は、メイツ巽ヶ丘のマンションができた当初に発足した65歳以上の住民18名で組織する会です。主な活動は、月1回の定例会、“ワナゲ”(毎週月曜日13:30~15:00まで)、現在はコロナ禍で自粛している1泊旅行や日帰りグラウンドゴルフなど様々です。写真の“ワナゲ”は10ゲーム実施し、得点の高さを競います。参加者は、おしゃべりを楽しみながら競技中は真剣に・・・和気あいあいと集い合っていました。[令和2年11月16日 横江]

阿久比のお宝紹介パート25 矢口サロン“和”

今回のお宝紹介は、矢口いきいきクラブが実施している矢口サロン“和”(なごみ)です。コロナ禍で令和2年3月から中止していましたが、令和2年11月2日に3密対策を行い、矢口公民館で再開されました。受付で検温、開催時間は9:30~11:00と通常より短く、写真のような教室形式で窓を開け換気、個包装のお菓子を提供するなど、しっかり3密対策を行ってみえました。参加された皆さんは、「久しぶりだね。」と再開を喜んでみえました。この日は、公民館で地区の菊展示があり、色とりどりの菊も楽しまれていました。[令和2年11月2日 横江]

阿久比のお宝紹介パート24 宅老所ボランティア健康講座

今回のお宝紹介は、町内4宅老所で活動されている宅老所ボランティアの方々です。写真は、令和2年10月28日10時からアグピアホールで実施された宅老所ボランティア健康講座の様子です。(主催:健康介護課)この日は、講師の先生をお招きし、「コロナ禍で見つめ直す、ボランティア活動」と題して32名のボランティアさんが、ボランティア活動について研修を受けられました。参加者の中には、宅老所が発足当時に声をかけられ、18年間も活動を続けられている方もみえ、改めて宅老所がボランティアの皆さんに支えられていることに感動しました。[令和2年10月28日 横江]

阿久比のお宝紹介パート23 植あいあいサロン

今回のお宝紹介は、令和2年10月に再開しました「植あいあいサロン」です。植地区のサロンは、コロナウイルス感染拡大予防のため、令和2年2月より中止していましたが、10月25日(日)9:30~ 植公民館で、ソーシャルディスタンスの対策を取りながら再開しました。当日は、受付を外で行ったり、会場を3部屋に分けたり、いつものコーヒーではなくペットボトルのお茶と個包装したお菓子を提供するなど、コロナウイルス感染予防の工夫をたくさん行い、実施しました。参加された約70名の方からは、「久しぶりのサロン、楽しかった。」などの感想をいただきました。[令和2年10月27日 横江]

Next »